ギャンブルと脅迫的依存症

Spread the love

ドラッグやアルコール中毒、重大で危険性の高い社会的影響を引き起こす厄介な問題に加えるべきものがもう一つあります。それは、ギャンブル依存症です。この病気は徐々に多くの人々の間に広まりつつあり、若者たちにも影響を及ぼしています。

ギャンブル依存症はどんどん一般的になっていて、家族まで巻き込む深刻な状況です。そしてその悲惨さは、麻薬依存症にも匹敵すると言っても過言ではありません。ギャンブル癖という病気は、彼らの「お金を搾取」し、その家族を不幸におとしいれるとても厄介なものです。 

今は様々なギャンブルゲームや賭博の世界へのアクセスが容易になっている上、合法的にプレイすることができ、カジノの緑のテーブルに実際に座っていなくても、思い立ったらすぐ簡単に手を出すことができます。ギャンブルゲームは癖になる可能性があり、スクラッチカードやスポーツ賭博などで気がつかないうちに依存症に陥ってしまう場合もあります。

例えば、今では様々なスポーツの試合にいつでも賭けることができるのです!時々エンターテイメントとして少額の予算を決めて楽しむことに留め、継続的には手を出さないようにしましょう。

プレイヤーにとって自分が依存症になってしまったという事実を認識するのはそう簡単ではありません。人間の頭脳は常に、問題に直面するのを避け、楽しみを求めようとするからです。

ですから、ある人がお金を失ったり、気分がコロコロ変わったり、不眠症や不安感、あるいは鬱といった状態になっていることに家族が気づいて依存症が発覚するというケースが多いのです。

ギャンブル中毒者は自分の問題から目を逸らし、損失を隠そうとするのが常です。また、次こそは勝てるという錯覚を起こし、自分の好きなゲームをするためのお金を常に探しています。

ギャンブル中毒になると行動障害が起こり、診断上は強迫性障害の一つで、いわゆる「物質を伴わない依存症」というカテゴリーにあたり、実際にはドラッグに非常によく似た状況です。

ギャンブル中毒がさらに進むと、ギャンブルにどんどん依存するようになります。回数や所要時間、そして取り返そうとする損失金額などが増えていき、自分の財力を超えた金額を使うようになり、日常生活でやるべきことをやらなくなり、ひたすらゲームに没頭するようになってしまいます。

病的ギャンブル、ギャンブル依存症またはギャンブル中毒とは、たとえ悪い結果が出ようともギャンブルゲームで賭けをしたいという衝動が抑えられない状況を指します。以下はその具体例です。

  • 例えばギャンブルでもっとお金を稼ぐ方法を常に考えているなど、頭からギャンブルのことが離れない。
  • 勝った時の喜びを味わうために、賭け金をどんどん増やさなければならないと感じる。
  • 賭け金をコントロールしたり、削減したり、ストップしたくてもできない。
  • 賭ける金額を減らそうとすると落ち着きを失いイライラする。
  • 問題から逃げ出すため、あるいは絶望・罪悪感・不安・鬱といった感情を緩和するためにギャンブルをする。
  • 失ったお金を取り戻そうとしてもっと賭けをする(損失回収)。
  • お金を賭けに使った事実を隠すために家族や知人に嘘をつく。
  • 重要な人間関係、仕事、成績、新たな仕事の機会に悪い影響が出る、もしくは失ってしまう。
  • ギャンブルに使ったお金を取り戻すために強盗や詐欺に手を出す。
  • お金をギャンブルに使うために、他の人々にお金を貸してほしいと頼む。
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x